“踊屋台”のいろいろな読み方と例文
旧字:踊屋臺
読み方(ふりがな)割合
おどりやたい75.0%
をどりやたい25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
踊屋台おどりやたいがくる、地走り踊がくる、獅子頭ししがしら大神楽だいかぐら、底抜け屋台、独楽こま廻し、鼻高面はなたかめんのお天狗さま。
三社祭さんじゃまつりの折お糸は或年踊屋台おどりやたいへ出て道成寺どうじょうじを踊った。
すみだ川 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
「三河屋のお三輪みわが、踊屋台おどりやたいの中で——」
三社祭さんじやまつりをりいと或年あるとし踊屋台をどりやたいへ出て道成寺だうじやうじを踊つた。
すみだ川 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)