“屋台骨”の読み方と例文
読み方割合
やたいぼね100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
人を使うものはああでなければならない。有難い、ありがたい。あの幸吉がいるあいだ、この筆屋の屋台骨は小ゆるぎもしますまい。ありがたいことだ。
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)
万一、徳川の屋台骨が崩れるとすれば、その責任はいわゆる旗本にあるのだ。われわれも御粗末ながら、その旗本の末席を汚し来った一人とすれば、その責めを分たねばならないのだ。
大菩薩峠:26 めいろの巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
水熊の屋台骨を背負ってるあたしだ、男なんかに負けるものかね。
瞼の母 (新字新仮名) / 長谷川伸(著)