瞼の母まぶたのはは
〔序幕〕第一場金町瓦焼の家(春) 第二場夏の夜の街(引返) 第三場冬の夜の街 〔大詰〕第一場柳橋水熊横丁 第二場おはまの居間 第三場荒川堤(引返) 番場の忠太郎夜鷹おとら洗い方藤八 水熊のおはま素盲の金五郎煮方子之吉 その娘お登世鳥羽田要助 …
作品に特徴的な語句
じか 懐中ここ こわ びた めん やしろ わずら めえ あや 虚無こむ 強請せが なげ しゅ ことわ 相応そうおう のぞ 糊塗かく かた 気兼きが 他人たにん 伝言ことづけ ひそ 邂逅めぐりあ 遅蒔おそま 剣呑けんのみ 名寄なよせ 蹲踞うずくま あて ぬす なじ たま 太息ためいき おぼ 悪気わるげ はま 左様そう こわ おど 渡世とせい 渾名あだな みなと あふ 無躾ぶしつけ 焦慮あせ 煮方にかた 番場ばんば やまい 白刃しらは 真間まま みつ 穿 かまど 立木たちき 立番たちばん 節々ふしぶし 素盲すめくら すが つな まと 一世いっせ 魂胆こんたん 駕丁かごや 飯岡いいおか かしら 非道ひど 青髭あおひげ 難儀なんぎ 雁首がんくび すき つば 銭金ぜにかね 金町かなまち 都度つど こおり 那珂なか はや 造作ぞうさ 逆様さかさま 軍師ぐんし かわ 身代しんだい 自棄やけ