“雷神”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
らいじん42.9%
かみなり28.6%
いかずちがみ7.1%
なるかみ7.1%
はたたがみ7.1%
ソール7.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それですから、北上川のからこの高原の方へ行く旅人は、高原に近づくにって、だんだんあちこちに雷神を見るようになります。
種山ヶ原 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
窓から眺めやると、凄まじい雷光が、雲を斬り、野面をはためき、それに眼をふさぐ瞬間——思わず手は耳へ行って、五体に雷神のひびきを聞くのであった。
宮本武蔵:06 空の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
貞観四年頃の旧記もあるということから、またここは松尾の雷神の神別所で遠いむかしは、丹波山城の国境もふくめて、この地方一帯を「阿多古」とえ、阿多古の神山と仰がれていたが
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「死ねやも」は、「雷神の少しみてさしくもり雨も降れやも」(巻十一・二五一三)と同じである。併しこの訓には異説もある。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
十時を過ぎた頃、一呼吸かせて、もの音は静まったが、裾を捲いて、雷神を乗せながら、赤黒に黄を交えた雲が虚空へ、舞い舞いって、昇る気勢に、雨が、さあと小止みになる。
霰ふる (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
そのおだやかな説得力をもった「霜解け」は大槌をもった雷神より力づよい。前者は溶かしてしまうが後者はこなごなにくだくにとどまる。