“代田”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
だいだ66.7%
しろた33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“代田”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 伝説・民話[昔話]3.3%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
これは代田だいだ街道かいどうわきの墓地に葬られました。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
東京近くでは、京王電車の代田だいだという停留所の辺には、昔大太法師が架けたという橋があり、それからわずか南東にある足跡は、足形こそしてはいるが、面積は約三町歩、内部はもと杉林であったが、今では文化住宅でも建っているかも知れぬ。
山の人生 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
おせきは万能を手にして代田しろたの切りかえしであった。
(新字新仮名) / 犬田卯(著)
やがて浩平が牛車で肥料の叺をいくつか積んで来て、それを代田しろたの近くに持ち運び、黙ってその口をあけ、そして灰桶へあけては、ばらばらと由次と勝が掻きならした田の面でばら撒きはじめた。
(新字新仮名) / 犬田卯(著)