親は眺めて考えているおやはながめてかんがえている
見はるかす積雪の原である。何か氷山の一部らしい。その広野の中を自然に細長い行列を組んでモーニング姿の者が前進して先方の低い丘陵のかなたに消えて行く、何千という数だろう。黒いモーニングはからだにぴったりあっているがズボンの方は白色だ。澄んだ音 …
作品に特徴的な語句
願望がんぼう 集団しゅうだん てん 交際こうさい 放任ほうにん 微笑びしょう よく 考慮こうりょ うる しん せっ 同行どうこう 当然とうぜん 良識りょうしき 気質きしつ 居住きょじゅう 代田だいた ともな 生別せいべつ 老母ろうぼ 柔順じゅうじゅん 容量ようりょう 相愛そうあい 整然せいぜん 愚父ぐふ かろ 強気つよき 滅亡めつぼう はら 能力のうりょく 焼土しょうど 背景はいけい 従順じゅうじゅん 事情じじょう 歩調ほちょう 老齢ろうれい 俗習ぞくしゅう 保持ほじ ぱい 病的びょうてき 寄生きせい まさ 曲折きょくせつ 行動こうどう くら 光景こうけい 発言はつげん 実状じつじょう 再建さいけん 裁縫さいほう 安価あんか 力量りきりょう 要素ようそ 孤児こじ 道理どうり よめ 追求ついきゅう 確実かくじつ わか へん 立場たちば たつ 嘲笑ちょうしょう 象徴しょうちょう 童児どうじ たず 訪問ほうもん 識見しっけん 懐中かいちゅう 礼装れいそう 胡瓜きゅうり 育成いくせい 肉塊にくかい 老躯ろうく 義務ぎむ 群棲ぐんせい 罵倒ばとう 総理そうり 絶版ぜっぱん 経過けいか 終了しゅうりょう 素質そしつ 純情じゅんじょう 精通せいつう 異変いへん 珍本ちんぽん 理窟りくつ 環境かんきょう うり 生態せいたい 発展はってん 発生はっせい 発揮はっき