“瓜”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
うり99.1%
0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「おやおや、まあ。めずらしい大きなだこと、さぞおいしいでしょう。うちへってって、おじいさんと二人べましょう。」
瓜子姫子 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
ツの類型土器各地からるのである。それからへても、大仕掛土器製造したとへる。
自ら一を手にしけるが、にして色をしてって曰く、今世間の小民だに、兄弟宗族ぶ、身は天子の親属たり、旦夕に其を安んずること無し、県官の我を待つことの如し
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)