“烏瓜”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
からすうり91.2%
たまづさ5.9%
すひかづら2.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
松やもっこくやの庭木を愛するのがファシストならば、や藤やまた朝貌烏瓜のような蔓草を愛するのがリベラリストかもしれない。
KからQまで (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
草深き垣根にけぶる烏瓜にいさゝか眠き夜は明けにけり
長塚節歌集:3 下 (旧字旧仮名) / 長塚節(著)