“たまづさ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
玉章54.5%
玉梓27.3%
烏瓜18.2%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
〽雁がとどけし玉章たまづさは、小萩のたもとかるやかに、返辞へんじしおんも朝顔の、おくれさきなるうらみわび……
大捕物仙人壺 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
〽雁がとどけし玉章たまづさは、小萩のたもとかるやかに、へんじ紫苑しおんも朝顔の、おくれさきなるうらみわび……
大捕物仙人壺 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
八房の前世は、彼の金碗孝吉かなまりたかよしに誅せられたる奸婦玉梓たまづさなり。
彼は玉梓たまづさの悪霊を代表すると共に、仏説の所謂いはゆる凡悩ぼんなうなるものを代表せり、この凡悩の人間に纏夤てんいんするの実象を縮めて、之を伏姫と呼べる清浄無垢の女姫に加へたり。
草深き垣根にけぶる烏瓜たまづさにいさゝか眠き夜は明けにけり
長塚節歌集:3 下 (旧字旧仮名) / 長塚節(著)
烏瓜たまづさの夕さく花は明け來れば秋を少なみ萎みけるかも
長塚節歌集:2 中 (旧字旧仮名) / 長塚節(著)