斬られの仙太きられのせんた
1下妻街道追分土手上 右手遠くに見える筑波山。土手の向う側(舞台奥)は小貝川の河原添いの低地になっていて、その左手寄りに仕置場が設けてあるらしく荒組みの青竹矢来の上部の一部がみられる。街道からその方へダラダラ下りの小道の角に、ギョッとする程 …
作品に特徴的な語句
あん ざっぱ 大概ていげい えに さむれい ちゃん こう ぶと あま 行方ゆきかた だん ぼう かん じょう じょう 度々どど ひつじ 無人ぶじん しょう 地所ぢしょ らく にえ あかり もく クワ かみ 下野げや 先手せんて とう とき うま もとい 大砲おおづつ 宿しゅく けつ 後手ごて しん こわ いくさ はい つか よう しょう ため 玉章たまづさ あき 食気しょくき 一時いっとき 下々しもじも 作人さくにん 兄貴あにき 先手さきて 冥利みょうり 出場でば 出張でば 出役しゅつやく 分際ぶんざい 初手しょて 名目みょうもく いのち 商人あきんど さむらい 士様さむらいさま 外手ほかで とら 小砲こづつ 小粒こつぶ 常毛じょうもう 常野じょうや 強訴ごうそ あと 後朝きぬぎぬ 戸外そと 捕親とりおや にぎ はす 新保しんぽ 未申ひつじさる 未進みしん つか 栄耀えいよう わざ 業態ぎょうてい かま 欠所けっしょ 水呑みずのみ 滝畝ロウボウ 爪判つめばん 狂犬やまいぬ 目代もくだい 相対あいたい 砲音つつおと