“常野”の読み方と例文
読み方割合
じょうや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
第一に拙藩有志において常野の間にことを挙ぐれば貴藩においても相呼応してことを挙げ幕軍をして前後両難に陥らせようとの約
天狗外伝 斬られの仙太 (新字新仮名) / 三好十郎(著)
筑波、日光、今市——大平山等の地名が交々その話題の間にはさまれるところを以て見れば、この連中は常野を横行して戻って来たものと思われる。
大菩薩峠:21 無明の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
第一に拙藩有志において常野の間に事を挙ぐれば貴藩においても相呼応して事を挙げ幕軍をして前後両難に陥らせようとの約
斬られの仙太 (新字新仮名) / 三好十郎(著)