“佐野常民”の読み方と例文
読み方割合
さのつねたみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ソレには政府の筋に内談して出来るようにえねばならぬと云うので、時の東京府知事に頼込むは勿論、私の平生て居る佐野常民その他の人にも事の次第を語りて助力を求め
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
そこで会頭を佐野常民氏、副会頭を河瀬秀治氏(同氏は今日なお健在である)に推薦し、日本美術協会と名を改め、毎月一度ずつ常会を、年に一度展覧会を開くということになって
こうした適塾生徒から、わかい革命家橋本左内軍人政治家村田蔵六(のちの大村益次郎)、医療制度をあらためた長与専斎日本赤十字社をつくった佐野常民など