福沢諭吉ふくざわゆきちペンは剣よりも強しペンはけんよりもつよし
天は人の上に人をつくらず、 人の下に人をつくらず。」 明治のはじめ、「学問のすすめ」で、いちはやく 人間の自由・平等・権利のとうとさをとき、 あたらしい時代にむかう日本人に、 道しるべをあたえた人。 それまでねっしんにまなんだオランダ語をす …
作品に特徴的な語句
ぶん きょう とう なん 女性じょせい こう じょ しょ しょう 一日ついたち ちょう 夕食ゆうしょく 病気びようき かい 東京とうきよう かざ 男女だんじょ ぷん じん がん ぼん りゅう 商人しょうにん うえ 政治せいじ すい 中心ちゅうしん げつ 出入でい 母上ははうえ ゆう 使者ししゃ かな 発行はっこう ばなし 講談こうだん けん ぶん 文書ぶんしょ 地位ちい つう てん ちち さか 武士ぶし 借金しゃっきん 便所べんじょ ほん 会話かいわ だい どし だま しゃ 機会きかい がつ 何日なんにち 朝食ちょうしょく じゅん 生活せいかつ 収入しゅうにゅう 右手みぎて ごう はな けん 和歌わか ひん 品々しなじな いえ 商売しょうばい 病後びょうご 小名しょうみょう 病人びょうにん 見物けんぶつ 研究けんきゅう こく 西洋せいよう 外出がいしゅつ 庭石にわいし 艦長かんちょう 大臣だいじん 希望きぼう そと ぎゅう ねん よる つよ 夜明よあ
題名が同じ作品
福沢諭吉 (新字新仮名)服部之総 (著)