“てがみ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
手紙70.7%
書状7.3%
書簡4.9%
尺牘2.4%
尺翰2.4%
手簡2.4%
書信2.4%
艶書1.2%
函書1.2%
手書1.2%
文書1.2%
玉章1.2%
素書1.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
先生ふた、翌日でした、使者手紙から生徒數名れて遠足にゆくが仲間はらんかといふ誘引です。
日の出 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
その翌々日の事であった、東京なる高山法学士から一書状が村長のに届いた。その文意は次の如くである。
富岡先生 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
国元では伜が今までにない初めての入用、定めし急な買物であろうと、眼鏡は掛ても書簡の裏は透さずに、何がしという為替を早速送り越したので、貞之進は見るより早くその暮方
油地獄 (新字新仮名) / 斎藤緑雨(著)
時間よりもながい尺牘を 一通
独楽 (新字旧仮名) / 高祖保(著)
(下略)是当年(天保十亥とし)十一月廿九日出の尺翰なり。此文をもつても越後の雪を知るべし。
李将仕と相談して、二つの手簡を持って往かすことにした。
雷峯塔物語 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
過ぐる日の喀血に、一たびは気落ちしが、幸いにして医師の言えるがごとくそのあとに著しき衰弱もなく、先日函館よりの良人書信にも帰来の近かるべきを知らせ来つれば
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
艶書をお贈り遊ばしたり、此の間から私にちょい/\御冗談を仰しゃることもあって、それから何うも私は貴方が忌になりました
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
祖「何ういう事も何もない、父の屍骸に汝の艶書してあったのが、汝の天命である」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
ある日朝早く書斎に入ってみるとの上に函書がのっかっていて、固く封緘をしてあった。そして函書には「仲氏啓」としてあった。よく見るとそれは兄の筆迹であった。
成仙 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
妾をば別にめざるべき模様なりしに、のほどめ置きし葉石への手書の、寝床の内より現われしこそ口惜しかりしか。
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)
叡山から降りて来た一人の寺侍がある。一枝の梅に、文書いつけて、五条の西洞院へはどう行きますかと、京の往来の者にねていた。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
夜は十二時、一時になつても奧のお座敷からお父さまお母さまの密々話の聲が洩れ聞えます。お兄さまも時にはお父さまに優しい慰めのお玉章差上て下さい。切なわたくしのお願ひです。
業苦 (旧字旧仮名) / 嘉村礒多(著)
素書では書きゝれない。私の作品は時々、この都で発行されてゐる二三の月刊雑誌に載せられる短篇小説のみで、未だ私は単独のノベルを持たない、勿論君が望んで寄した英訳本などは持たない。
素書 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)