“ふみ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:フミ
語句割合
57.3%
16.9%
8.6%
3.0%
艶書2.3%
手紙1.3%
不味1.0%
1.0%
玉章1.0%
艷書0.7%
文書0.7%
恋文0.3%
艶文0.3%
典籍0.3%
天書0.3%
婦美0.3%
婦身0.3%
密書0.3%
文状0.3%
文面0.3%
書信0.3%
書史0.3%
書状0.3%
書面0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
著書0.3%
0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一つやりとりするにも人目をはばからねばなりませぬゆえ、お蘭どのが思いついてくふうしたのが、このお蘭しごきでござります。
しかはあれ、人もしわれらの一枚また一枚としらべなば、我はありし昔のまゝなりとさるゝ紙の今あるを見む 一二一—一二三
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
仕方がない矢張丸木橋をばらずはなるまい、さんもかへしててお仕舞なされ、祖父さんもであつたといふ
にごりえ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
平次は覺束ない足を締めて、自分の外した障子を一生懸命元の敷居へはめ込んで居るのです。
けれども、男のは知らない処女の、艶書を書くより恥かしくって、人目を避くる苦労にせたが、じて、夜も昼もぼんやりして来た。
星女郎 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
これでみると、左膳のやつ、さっそく萩乃のところへ、手紙をやろうとしているらしい。
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
実に平壌清兵しくという有様にて、四面包囲を受けしなり、ために運動意の如くならず、随て消化力減少して食気更に振わざるを以て、食物総て不味にして口に入らず
わが皇統連綿、天地となし。しかして上世のするに、天孫降臨すというもの、これを今日にすれば、はなはだ疑うべきがごとし。
教門論疑問 (新字新仮名) / 柏原孝章(著)
午飯に、けんちんをべていた。——だし、先生令夫人心配をなすつて、お實家方がお醫師だから、玉章いて出向くと、診察して、打傾いて、一封返信けられた。
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
庭男などになければ、最初より艷書りては、ふか其處まことにふし、如何にせんと思案みしが、れよ、人目にふるヽはおなじこと
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
「友造どの、そなたに宛てて別嬪から文書が来ているよ」
大菩薩峠:21 無明の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
「これをね」とお色は恋文を出した。「いつもの方の所へね。……これが駕籠賃、これが使い賃、これが向こうのお屋敷の、若党さんへの心付け」
銅銭会事変 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「恋しい恋しい」という文字や「嬉しい嬉しい」という文字も、目茶目茶に恋文へ書き込んだ。
銅銭会事変 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「どうだ、おれの眼に、くるいはあるめえ。弟弟子の和介の野郎と、てめえは、艶文を交わしているのだろうが」
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「じゃあ見せろ。——見せられめえが、それは、男からきた艶文にちげえねえ」
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
(高松のお藤さん)(長江のお園さん、おさん)医師の娘が三人揃って、(百合さん)(婦美さん)(皐月さん)歯を染めたのでは
菊あわせ (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
湖南浄慈寺に来てわしを尋ねるが宜い、今、わしがを云って置くから、覚えているが宜い、これ妖蛇婦人に変ず、西湖岸上婦身を売る、重きにって他計う、有れば湖南老僧を見よ
蛇性の婬 :雷峰怪蹟 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
お秋の方のお腹の菊之助様をお世嗣に仕ようと申す計策ではないかと存ずる、其の際此の密書を中ば引裂いて逃げましたところの松蔭大藏の下人有助と申す者が
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「いえ、お文状でございます——禅閤様へ」
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
やかましやの良人といふては毛筋ほどもけさせてれぬ五月蠅さ、夜分なりとりは此方かららせうほどにお良人ふて鳥渡れられまいか、つてる、と文面御座ります
うらむらさき (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
千葉より帰りて五日の後 M., Shigis ——の書信は又りぬ。貫一は例にりて封のまま火中してけり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
美の探求者であるわたしは、古今の美女のおもばせを慕ってもろもろの書史から、語草から、途上の邂逅からまで、かずかずの女人をさがしいだし、そのたちの生涯の片影しとどめ
明治美人伝 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
夕暮店先郵便脚夫投込んできし女文字書状一通炬燵洋燈のかげにんで、くる/\と卷收むれば起居られてじなる一通りならず、おのづとえて
うらむらさき (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
「江戸への帰途。……紀州沖で……富士山艦で、書面め……」
甲州鎮撫隊 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
太刀腰に取佩き、にぎり、国へかへらす
墨汁一滴 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
なくも泡立落入りて、鰐魚餌食
鬼桃太郎 (旧字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
開けば、声はをなし、咳唾は珠を成すなどと、みな云っています。恐れながら、その衆評はみな暗に兄君たるあなたの才徳をうするものではありませんか
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
わがよむ窓にの来て
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
妻もれぬ境遇ながら、文武の道のみは容易に捨てず、学ぶ傍子供を集めて、古えの名賢の言行などを、読み聞かせ居る次第にござりますが、「童子教」という、古来よりの著書
高島異誌 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
それからといふものはどんな姿にもからすやうになつた。それでも有繋はあたりを威壓してになると聳然としてさなおべたへつけられたやうにえた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)