“偈”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“偈”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 仏教 > 仏教教理・仏教哲学100.0%
哲学 > 仏教 > 経典100.0%
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 伝説・民話[昔話]30.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
爾時そのときを説いて曰く、もろもろの人いたずらに他言を信ずるなかれ、すべからみずから事物の実際を観よ
一夜例の如く発熱詩の如くの如き囈語げいご一句二句重畳ちょうじょうして来る、一たび口を出づればまた記する所なし。
墨汁一滴 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)