“げ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:
語句割合
35.6%
19.6%
15.2%
7.9%
6.8%
5.0%
2.8%
2.6%
0.8%
0.8%
0.7%
0.5%
0.3%
0.3%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
我わが問ひをもてかにしてし易き説をはや刈り收めたれば、我は恰も睡氣づきて思ひ定まらざる人の如く立ちゐたり 八五—八七
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
私はいつものようにに「ええこんなに、そう、何千株と躑躅の植っているおのようなところです」と、私は両手をげて
清貧の書 (新字新仮名) / 林芙美子(著)
にもと思う武士達の顔をズラリと一渡り見廻してから彼は手綱を掻い繰った。馬は粛々と歩を運ぶ。危険は瞬間に去ったのである。
開運の鼓 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
時に空中に天ありを説いていわく、〈宜しく審諦に観察すべし、卒なる威怒を行うなかれ、善友恩愛離れ、枉害信に傷苦〉と。
目は細く、常に、日光をおそれるごとくそうであり、顔じゅう、茶色のを持ち、笑うと不気味な歯並びが刃物のように真白だ。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
……、五、、六、の七ツの孔は、人間の五情の言葉と両性の呼吸ともいえよう。懐竹抄を読んだことがあるだろう
宮本武蔵:02 地の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
足音つたのに、子供だらう、もなく、葉先だし、くちばしを、ちよんとく、をだして、ちよ、ちよツ、とやる。
木菟俗見 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
にや輪王けれども七寶に身に添はず、雨露を凌がぬの下にも圓頓の花は匂ふべく、眞如の月は照らすべし。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
我はベルナルドオを輕佻なりとせり。るに我が爲すところも亦此の如し。に塵の世に生れたる人、誰か罪業なきことを得ん。
また一人のまくらもとには、いいオルガンがありました。そうして、もう一人のちぢれのまくらもとには、いとこなつがありました。
夕焼け物語 (新字新仮名) / 小川未明(著)
あんたはまあその頃のおれを知るまいが、嘘だと思ふならお園さに聞いて見なんしよ、こつちのお父さお母さはよく知つてた筈だから
酔ひたる商人 (旧字旧仮名) / 水野仙子(著)
も、ゆがみたわめり
海潮音 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
町角の湯屋にうどんさきしてふ噂もいつかきえにけるかな
小熊秀雄全集-01:短歌集 (新字旧仮名) / 小熊秀雄(著)
そとにひるをしたたむる
抒情小曲集:04 抒情小曲集 (新字旧仮名) / 室生犀星(著)
「いいがら、いいがら、俺がこうして病気して、仕事にも追われでんだし、取りえでもらえ。——俺、山茶花など、どうでもいいがら。」
山茶花 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
「ほんじゃ、長作せえいいごったら、取りえでくんつえ。」と言って、平三爺は、痩せこけた顔を枕に押し当てた。
山茶花 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
われ等がこの里の名を聞くや、直ちに耳の底に響きるは、松風玉を渡るがごとき清水の声なり。の水とて、北国によく聞ゆ。
一景話題 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
道元はこの主張を謬説と呼ぶのみならず、また「仏法仏道に通ぜざるもの」、「仏をしらず、教をしらず、をしらず、をしらず、をしらざるもの」(正法眼蔵仏教)と呼んだ。
日本精神史研究 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
という字は、のことです。魚をとる網です。という字は、障礙物などという、あのという字で、さわり、ひっかかりという意味です。
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)
「ああ、早く歸りたい、なア」と、渠はさもつらさうに云つて、うつ向きに長くなり、投げ出した毛脛の足を以つて、右と左りをかたみに、疊のりをする。
泡鳴五部作:03 放浪 (旧字旧仮名) / 岩野泡鳴(著)
師の君に約し参らせたる茄子を持参す。いたく喜びたまひてこれひるの時に食はばやなどの給ふ、春日まんぢうひとつやきてひたまふとて、おのれにもて給ふ。
樋口一葉 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)