小熊秀雄全集-01おぐまひでおぜんしゅう-01短歌集たんかしゅう
◆|◆ けだものの子 産科院よるのさびしさ夕食の鈴のしづかに鳴りにけるかな おぎや……たかくさびしく産科院けだものの子のうまれけるかな けだものの子はかたくもろ手を胸にくみしつかりなにかにぎり居るかも うすら毛のけだものの子は四つ足をふんば …
作品に特徴的な語句
よろ たゞ すへ たふ うら きづ かはず 大人をとな にほ 障子しようぢ 処女おぼこ 可笑かし いえ 聖人ひぢり しぼ しひた 侏儒しゆじゆ 天地あまつち 夫婦めをと をど 縁取へりと みづか 草鞋わらんぢ しを いひ 外面とのも いも 妾腹しようふく 小路こうぢ さが 悪性あくしよう いと そよ ふり さす とひ 段落たんらく 真青まさを 荒磯あらそ じや 酒代さかしろ 一本いつぽん 予言かねごと けん 半身はんみ 和子しやも まか 尾鰭をひれ 屋梁はり とびら ゆゑ 毒矢ぶしや 河童かつぱ 法華ほつけ 温泉 きず 砂地すなぢ 築港ちくこう 脚気かつけ はぎ ひき かた 酒肆さかみせ 銭湯せんたう 鐘鼓しようこ かけ 鶺鴒いしたたき 黄金きん 一匹いつぴき ふた 人力じんりき 低頭じぎ 供養くよう くさむら とが 土鼠もぐら しり 峡添かいそへ ほろ なさけ