“握り”の読み方と例文
読み方割合
ハンドル100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
三四郎は握りつた儘、——を戸のから半分部屋のに差し出した儘、此刹那の感に自己放下し去つた。
三四郎 (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
ろから看護婦が草履のを立てゝ近付いて来た。三四郎は思ひ切つて戸を半分程けた。さうしてにゐる女と顔を見合せた。(片手握りつた儘)
三四郎 (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)