“途方”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
とほう83.7%
とはう16.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
二人の青年紳士に出てい、「注文の多い料理店」にはいり、その途方もない経営者からかえって注文されていたはなし。
路頭乞食く、腰をめ、頭を下げて、を乞えり。されどもなお応ずる者はあらざりしなり。盲人はいよいよ途方に暮れて
取舵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
さうして初めて途方にくれ、困惑した。初めて身邊をあちこちぐる/\と見まはして、周圍はたゞり知られぬ深い淵だと思つた。
すると河の泥に隠れてゐた、途方もなく大きなが、その頃はまだ短かつた、お前の先祖の鼻の先へ、吸ひついてしまつたのに違ひない。
動物園 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)