“握鮓”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
にぎり50.0%
にぎりずし50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
女「誠に今日はお生憎様、握鮓ばかりでにも出来ません、お吸物も、なんでございます、詰らない種でございますから、海苔でも焼いて上げましょうか」
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
私と同様出京して正則英語学校に通っていた従弟が、ある日日本橋を歩いていて握鮓の屋台に入り、三つばかり食ってから、蝦蟇口に二銭しかなくて苦しんだ話をしたことがある。
三筋町界隈 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)