三筋町界隈みすじまちかいわい
この追憶随筆は明治二十九年を起点とする四、五年に当るから、日清戦役が済んで遼東還附に関する問題が囂しく、また、東北三陸の大海嘯があり、足尾銅山鉱毒事件があり、文壇では、森鴎外の『めさまし草』、与謝野鉄幹の『東西南北』が出たころ、露伴の「雲の …
作品に特徴的な語句
まが かおり きら むき 紅葉こうよう 玩具がんぐ 洋燈ラムプ すこし 歳晩としのくれ しき だて のど よわい 㝫応りゅうおう こつ 陸奥むつ もう たず こも たと ばこ ひそ ひき かわ 泥濘でいねい 歿ぼっ 正則せいそく しば かな 握鮓にぎりずし おぼ 後継あとつぎ うつ ことごと 小渠しょうきょ かまびす くれ かみ 係恋けいれん 古妻ふりづま かわ 切通きりどおし そう 狭隘きょうあい なお 余所よそ かわら 何時いつ 痲痺まひ かゆ 白狐びゃっこ 皎々こうこう 何処どこ 目当めあて 看方みかた 真頼まより 瞥見べっけん 硝子ガラス 硫黄いおう わん 碩学せきがく 神田かんだ もっ 程経ほどへ 種物たねもの 交叉こうさ 穿 箪笥たんす くじ くそ あか つい 絨毯じゅうたん 綺麗きれい 編輯へんしゅう 縕袍どてら 乞丐こじき 織交おりま まゆ 羽子はね そび 肋骨ろっこつ 脊髄せきずい 脳裡のうり 腫瘍しゅよう なか 腹癒はらい すみ きわ 難渋なんじゅう 下谷したや