夢鬼むき
辺鄙な、村はずれの丘には、いつの間にか、華やかな幕を沢山吊るした急拵えの小屋掛が出来て、極東曲馬団の名がかけられ、狂燥なジンタと、ヒョロヒョロと空気を伝わるフリュートの音に、村人は、老も若きも、しばし、強烈な色彩と音楽とスリルを享楽し、又、 …
作品に特徴的な語句
おち いきおい さび そな きた たべ けが ちっ 執拗しつっこ しょ 常人ひと 下手まず くら むごた 扮装こしらえ うわ きたな おそ もど 佇立つった 生々ういうい がわ 四辺あた ひら 饒舌おしゃべり はね 膨脹ふくれ 宝石ほうぎょく おっ 夫婦いっしょ にげ 四囲あた 声色こえ ごしら 上滑うわず あやまち ちろ うすもの たのしみ もの とう 実際まったく じつ まだ はや どろ あが 怪訝おか 不可いか くう はた 情夫いろおとこ 病室へや おら わき 紅唇くち あわ ひも おやじ へり 凝視みつめ こぼ 老耄おいぼ 花形スター よろこ かわ なげ さす 唾液つばき しゃが とお かたま 運命ほし 蒼穹あおぞら むご おこ ぬぐ 皓歯こうし おい うらやま くび じじい 獅噛しがみ なま 発生わい くら あきら たま 空虚から 立附たてつけ