“葩”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はなびら80.6%
はな16.1%
ハナ3.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
地は隈無く箒目の波を描きて、の白く散れる上に林樾を洩るゝ日影濃く淡くをなしたる、ど友禅模様の巧みを尽して
巣鴨菊 (新字旧仮名) / 正岡容(著)
いくらシッカリ抱きしめても……、雨のような、弾丸のような、激しい接吻に、その匂うようなの顔が、ベトベトと濡れ果てても……。
夢鬼 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
小野蘭山の『大和本草批正』には「三波丁子 一年立ナリ蛮産ナレドモ今ハ多シセンジュギクト称ス秋月苗高五六尺葉互生紅黄草ノ如ニシテ大ナリ花モコウヲウソウノ如ニシテ大サ一寸半許色紅黄単葉モ千葉モアリ長ク蔕ハツハノヘタノ如ク又アザミノ如シ九月頃マデ花アリ花鏡ノ万寿菊ニ充ベシ」
植物一日一題 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)