“障礙物”の読み方と例文
読み方割合
しょうがいぶつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
という字は、のことです。魚をとる網です。という字は、障礙物などという、あのという字で、さわり、ひっかかりという意味です。
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)
白絣の着物が、汗の為に、水にでも漬けた様にビッショリ濡れていた。足は棒の様に無感覚になって、一寸した障礙物にでも、つまずいては倒れた。
夢遊病者の死 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
障礙物は巡査派出所だが、これはどちらにも一箇所ずつある。そこで利害を比較すれば、只かな切通しを避けて、寂しい無縁坂を取ると云うことに帰着する。
(新字新仮名) / 森鴎外(著)