“縁起偈”の読み方と例文
読み方割合
えんぎげ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この一句を「法身偈」または「縁起偈」などといっていますが、彼はこの言葉を聞くなり、決然として、い間、自分の生命とも頼んでおった、婆羅門の教えをふり捨てて
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)