“縁起話”の読み方と例文
読み方割合
えんぎばなし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それが事情めに明言する出來ず、さりとて主家大難らぬ打※るにもびで、かくは縁起話托言けて、出發めたのかもれぬ。とつた。