“縁起”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
えんぎ94.2%
ゑんぎ2.9%
げん1.4%
ふちご1.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
菅公が幽霊となって、時平のところへ化けて出るところをかいた、天神縁起の菅公の幽霊は、生前の菅公をそのままにかいてある。
ばけものばなし (新字新仮名) / 岸田劉生(著)
小千谷の内農人の地面に小社あり石打明神といふ。昔より也、その縁起もらせり。
縁起たれの悪いこと云うてくれるな。手前とこは谷川って云うやら。俺とこは山本や。」
南北 (新字新仮名) / 横光利一(著)
彼は盾の縁起しに、怪物のものすごい眼を、きっとにらみつけました。