“信貴山縁起”の読み方と例文
読み方割合
しぎさんえんぎ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それから信貴山縁起、ようがす、それから、それだけですか、なにおよろしければいくらでも出しますよ。
古寺巡礼 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
身につけるものではないが、例えばマイヨオルの彫刻はせいぜい銅か土のりであり、「信貴山縁起」は一巻の長い紙であり、名工の茶匙は一片の竹であるに過ぎない。
が、私が虫の垂衣云々の事を書いたのは、「信貴山縁起」「粉河寺縁起」なぞの画巻物によつてゐたのである。だからさう云ふ注意を受けても、剛情に自説を改めなかつた。
点心 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)