ワンダ・ブック――少年・少女のために――ワンダ・ブック――しょうねん・しょうじょのために――
訳者のことば 「ワンダ・ブック」A Wonder Book for Boys and Girls, 1852. は「少年少女のために」書かれたものではありますが、それがために調子をおろしてかかったようなものでないことは、作者ナサニエル・ホー …
作品に特徴的な語句
ならわし 巨人ヂャイアント 妖精フェアリ 寛衣ブラウス 従兄カズン 草鞋サンダル 老人オウルド・ワン 希望ホウプ そり かぶり 何人なにびと まぬが 露台バルコニ 雲霧くも おこな 縁起ふちご 粗野ゴシック いそ おも たまり あるい びき はり 眼窩めのあな 姉妹しまい らく 天馬ペガッサス がた がら 吹溜ふきだまり くう 息吹いぶき あや はね しん 従兄にい のち 手応てごたえ 把手とって 美声いいこえ たび ゆか ひさし おさ 衣摺きぬずれ ふる 掛替かけがえ 羅紗ラシャ かど 縁取ふちどり さき ふさ もん 請合うけあい そこな ななめ 方々かたがた さか むす 軽々かるがる 退 生身いきみ 生埋いきう ばけ すぐ はさ まばた とげ 題目テーマ 死別しにわかれ 仕合しあわ こと つゆ そそ 雪解ゆきどけ つら 海鳴うみなり 出抜だしぬけ