“従兄”のいろいろな読み方と例文
旧字:從兄
読み方割合
いとこ90.6%
にい2.1%
あに2.1%
じゅうけい2.1%
アニ1.0%
イトコ1.0%
カズン1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
小田切三也の娘真弓と、その従兄荒井千代之助は、突き詰めた恋心に、身分も場所柄も、人の見る目も考えては居なかったのです。
百唇の譜 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
『そうよ、ユースタス従兄さん、』と、笑ったような眼の、鼻がちょっと天井を向いた、十二歳になる利口な少女のプリムロウズが言った。
大袈裟に斬られて、庭先に転げ落ちたのは丹之丞には遠い従弟で、綾野にはすぐの従兄に当る、針目正三郎のに染んだ姿だったのです。
甚五郎の行方は久しく知れずにて、とうとう蜂谷の一週忌も過ぎた。ある日甚五郎の従兄佐橋源太夫が浜松のに出頭して嘆願した。
佐橋甚五郎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
「でもねえ……従兄さんのところにゐるけれど、——こりやあなただけに言ふんだから、誰にもスベらせちやあ嫌ですよ。——従兄さんは浅い人だからあたし或人の所に行きたいの……」
分らないもの (新字旧仮名) / 中原中也(著)
郎女様のお従兄恵美の若子さまのお様も、当麻真人のおぢやげな——。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
従兄ユースタスだって、当然、子供達同様草臥れていた。というのは、この楽しかった午前中に、彼はいろいろと離技を演じて見せたのだから。