“従姉弟”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
いとこ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“従姉弟”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
しかし、子供たちは初めて会った従姉弟いとこ同士なので、親たちの声を耳にも入れずまたすぐ階段を馳け上っていった。
比叡 (新字新仮名) / 横光利一(著)
それはただ従姉弟いとこ同志だから、という理由からであった。
彼は誰を殺したか (新字新仮名) / 浜尾四郎(著)