“あに”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:アニ
語句割合
43.3%
38.8%
義兄9.9%
阿仁1.1%
亡兄0.8%
実兄0.8%
0.6%
異母兄0.6%
大哥0.6%
従兄0.6%
0.3%
長兄0.3%
阿兄0.3%
令兄0.3%
哥分0.3%
從兄0.3%
0.3%
舍兄0.3%
若兄0.3%
0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
田中の奴、おれが息せききってかけつけたと思っているが、計らんや、俺は、煙草をふかしながら見物のつもりでやって来たのだ。
頭と足 (新字新仮名) / 平林初之輔(著)
ぼくは、そうきくと、物心のつかない幼時のことだけれど、なんとなく、いじらしいのすがたがかんで、しくなるのです。
兄の声 (新字新仮名) / 小川未明(著)
など、ほとんどが菊池、阿蘇の協同者だった。そして英時ったのだ。——それらすべてが尊氏には義兄といえなくもない。
私本太平記:11 筑紫帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
『真澄遊覧記』によれば羽後の阿仁山・森吉山などではかかる地を神の田または鬼の田という。
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
「知らずに登ったのがてめえの運のつきだ。針の山、地獄の谷、亡兄の典馬が呼んでるから早く行け」
宮本武蔵:07 二天の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
何うしても一旦なく公然離縁をするンじゃに依って、此者実兄深川佐賀町の岩延という者のへ、千円の持参金に箪笥長持衣類手道具残らず附けて帰さなければ成らん
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
かあねえだ。もの、理合を言わねえ事にゃ、ハイ気が済みましねえ。お前様も明神様お知己なら聞かっしゃい。老耆ぼうに、若いものの酔漢介抱、出来べい。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
子供の順吉も悲しくなつて泣いたが、その小さな心は、父や異母兄たちへの怒りよりも、母への愛と憎しみとで一ぱいだつた。母にたいするふしぎな感情に苦しんだこれが最初の經驗だつた。
第一義の道 (旧字旧仮名) / 島木健作(著)
この大哥さんと喧嘩をするなら、からだの骨から鍛へて來い。
権三と助十 (旧字旧仮名) / 岡本綺堂(著)
朝子にとっても、ぼんやり幸子の従兄として見ていた大平が、一人の男としてはっきり現われた点は同じであった。
一本の花 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
「でもネ、折がまずいや。……小五いも、目が出ねえらしいが、どうも早や、あっしら兄弟は、みんな、ばくち好きの、ばくち下手ってやつでしてね」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「待ってました。この首は、このの値打を知って買ってくれる人のためにあるようなもンでした。なあき」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
長兄の部屋の方で、何かやや大きな声と、物音がした。右門は思わず、閉まっている窓の障子へって、そこを開けようとしたが
柳生月影抄 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
長兄がお由利に対して、想いを示すことは、余りに露骨だった。どうかすると、この自分がいる前でも、びっくりするような事を突然云う。
柳生月影抄 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「ああ、勇阿兄い、よく、そんな風に呼んでるのを聞いたことがありますよ」
刺青 (新字新仮名) / 富田常雄(著)
「勇阿兄いの博奕にはお前さんも苦労するな」
刺青 (新字新仮名) / 富田常雄(著)
るに今月初旬本國からいた郵便によると、令兄なる松島海軍大佐は、帝國軍艦高雄艦長であつたが、近頃病氣めに待命中勿論危篤といふ病氣ではあるまいが
そこへ丁度長兵衛の子分どもが参詣に来合せたので、彼等の中で大哥分と立てられている放駒四郎兵衛が先立ちになって、ここで白柄組の若い侍と奴とに、喧嘩を売ろうとするのであった。
番町皿屋敷 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
大袈裟に斬られて、庭先に轉げ落ちたのは丹之丞には遠い從弟で、綾野には直ぐの從兄に當る、針目正三郎のに染んだ姿だつたのです。
と同じくすべし。
女大学評論 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
きツイ先頃はお互にの居所のい所から言葉たれども考へ見れば吾儕が惡いと謝罪た上からは主は素より舍兄のこと心持を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
話をして見れば昨夜既に其相談であつたとのこと、眞奈は茲で若兄の境遇に思ひ及んだけれど、手古奈の身がさうした事になつた以上は今は如何とも致方のないことゝ思うた。
古代之少女 (旧字旧仮名) / 伊藤左千夫(著)
それが、震災で財産をしたのとに死なれたのと年をとって来たのとが一緒になって、誰もねて来なくなったのがらなかったらしいのです。
江木欣々女史 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)