権三と助十ごんざとすけじゅう
登場人物 駕籠かき權三 權三の女房おかん 駕籠かき助十 助十の弟助八 家主六郎兵衞 小間物屋彦兵衞 彦兵衞のせがれ彦三郎 左官屋勘太郎 猿まはし與助 願人坊主雲哲 おなじく願哲 石子伴作 ほかに長屋の男女娘子供捕方 駕籠舁など 第一幕 享保 …
作品に特徴的な語句
おほ 頬被ほゝかむ じれ たげ おつ とゞ 入牢じゆろう いぢ しも 落着らくちやく 歿なくな くら 助力じよりき をど ぎぬ 名代みやうだい そつ へつゝひ ちろ 晝間ぴるま はふ あた 首肯うなづ ちつ 享保きやうほ 饒舌しやべ たか ちげ すさ こら 退 けえ 躊躇ちうちよ かき 背負しよ 素人しらうと けえ ぶち いや ちやう しよ のろ かみ 馴染なじ 面當つらあ つら さは あやま 這奴こいつ 身状みじよう 身上しんしやう 般若はんにや 素頭すあたま 石町こくちやう しやく 留男とめをとこ 申口まをしぐち なま 狼藉らうぜき あふ 煤掃すゝは 焦熱せうねつ 涼風すゞかぜ しほ たば あら 料簡れうけん もん よんどころ つか 小遣こづか ゆる 外道げだう 御覽ごらう 大哥あに 川獺かはうそ さへづ 娑婆しやば かゝあ 息杖いきづゑ きつ 初陣うひぢん とげ 跣足はだし 博奕ばくち たすき