“素頭”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
すこうべ45.5%
すあたま36.4%
すかうべ18.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あの洒落ものの坊さんが、頭を天日にしたというのを思出す……「意気な人だ。」とうっかり、あみ棚に預けた夏帽子の下で素頭くと、小県はひとりでかり笑った。
灯明之巻 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
願哲 まさか笠をかぶつて井戸がへにも出られず、この素頭をじり/\と照りつけられては、眼がくらみさうになる。
権三と助十 (旧字旧仮名) / 岡本綺堂(著)
前後の分別に遑無く、用人の素頭抜手も見せず、ころりとしぬ。
妖怪年代記 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)