“素朴”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
そぼく97.0%
ストツフ1.5%
プリミチフ1.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
葉子の郷里から上京して来たお八重は顔容もよく調って、ふくよかな肉体もほどよく均齊の取れた、まだ十八の素朴な娘だったので
仮装人物 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
併しこの素朴の世界に彷徨し勞苦してゐる間、慟哭し絶叫するものと共に渾沌の間に昏迷してゐる間、彼の衷には彼の藝術が生れて來ない。
三太郎の日記 第三 (旧字旧仮名) / 阿部次郎(著)
バアの広間の中央は、「踊り場」になっていて通人たちは、そこで非合法的に踊る。この愛すべき秘密は、ある素朴な方法によって保たれていた。
金狼 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)