“通人”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
つうじん94.3%
つうにん2.9%
ラフイネ2.9%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“通人”を含む作品のジャンル比率
技術・工学 > 家政学・生活科学 > 食品 料理2.9%
文学 > 日本文学 > 日本文学1.4%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.5%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「世間體は良い男だつたが、通人つうじんとか、わけ知りとか言ふ者は、大方斯うしたものだらう。お互に野暮ほど有難いものはねえ」
「世間体は良い男だったが、通人つうじんとか、わけ知りとかいう者は、大方こうしたものだろう。お互に野暮ほど有難いものはねえ」
お静に口上を取次がせました。「寿」という料理屋の女中で、通人つうにん達にはよく知られた年増、気象の優れたのと、取廻しのうまいので有名な女です。
バアの広間の中央は、「踊り場」になっていて通人ラフイネたちは、そこで非合法的に踊る。この愛すべき秘密は、ある素朴プリミチフな方法によって保たれていた。
金狼 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
ここに集まるひとびとは、いわゆる、大東京の通人ラフイネたちである。
金狼 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)