模倣と独立もほうとどくりつ
今日は図らず御招きに預りまして突然参上致しました次第でありますが、私は元この学校で育った者で、私にとってはこの学校は大分縁故の深い学校であります。にもかかわらず、今日までこういう、即ち弁論部の御招待に …
作品に特徴的な語句
まこと 根柢こんてい 成仏じょうぶつ 手古摺てこず 仕来しきた 一目散いちもくさん 愚図愚図ぐずぐず もん 様子ようす 有様ありさま 侮辱ぶじょく ゆる 通人つうじん 横着おうちゃく 各〻おのおの 気狂きちがい 好加減いいかげん 後裔こうえい 本統ほんとう 燕尾服えんびふく 真闇まっくら 禽獣きんじゅう 一束ひとたば 夫子ふうし 遣方やりかた 一人前いちにんまえ 体裁ていさい 言訳いいわけ はりつけ 迂路うろ 一々いちいち 御出おい 縁故えんこ 何所どこ 作物さくぶつ 合間あいま 感服かんぷく 仕様しよう 熟々つくづく 仕切しき 目安めやす 藪睨やぶにら 歩調ほちょう 久々ひさびさ 二色ふたいろ 軽重けいちょう 懲役ちょうえき 色合いろあい 不面目ふめんぼく 精養軒せいようけん 親鸞上人しんらんしょうにん 不遇ふぐう 面倒臭めんどうくさ 度外どがい 風儀ふうぎ 眼中がんちゅう 径路けいろ 大将たいしょう 御手際おてぎわ 真宗しんしゅう 至誠しせい 胸中きょうちゅう 所刑しょけい 御能おのう 御遣おや 火攻ひぜめ 蒸返むしかえ 風変ふうがわ 小便しょうべん 十把一じっぱひと 夏帽なつぼう 茲処ここ 豌豆豆えんどうまめ 絞首台こうしゅだい 英吉利風イギリスふう