模倣と独立もほうとどくりつ
今日は図らず御招きに預りまして突然参上致しました次第でありますが、私は元この学校で育った者で、私にとってはこの学校は大分縁故の深い学校であります。にもかかわらず、今日までこういう、即ち弁論部の御招待に預って、諸君の前に立った事は御座いません …
作品に特徴的な語句
確乎かくこ ばい ひとつ 御座おざ この ざっ のぞ おこな ことな はた おく 不可いか いじ どころ 御前おまえ しき あた きらい はず 一々いちいち あいだ たっと いちじる けだもの 気狂きちがい 歩調ほちょう 故意こい なぐ かか つか まず 所刑しょけい 御出おい いたずら 彼処あすこ 度外どがい 如何いかん そと かた ひん あい はん やや はりつけ 蒸返むしかえ こうむ 不遇ふぐう 茲処ここ 色合いろあい 至誠しせい みずか のぞ 胸中きょうちゅう 羽織はおり かか 縁故えんこ すべ 乃木のぎ ひも もん かゆ たて 突飛とっぴ 穿 究屈きゅうくつ 界隈かいわい 渾名あだな 滅多めった ようや 火攻ひぜめ しか わずら 熟々つくづく 爪先つまさき 仕切しき はなは 真宗しんしゅう 不可いけ 久々ひさびさ 二色ふたいろ 眼中がんちゅう 真闇まっくら 目安めやす