“臨”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
のぞ90.8%
のぞん2.8%
きた1.8%
さしかゝ1.8%
なげ0.9%
のぞま0.9%
のぞみ0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この型を以て未来にむのは、天の展開する未来の内容を、人の頭でえた盛終せようと、あらかじめ待ちけると一般である。
イズムの功過 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
釈迦如来の知らざるところ、親鸞上人の知らざるところなり、嗚呼あに偉ならずや、予はなおで一言せん。
絶対的人格:正岡先生論 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
而して斯かる国の斯世に於て無きことは言わずして明かである、義の国は義の君が再び世にり給う時に現わる
此石山の川岸にれる所にしき石あり、其磨磐の如く、上下にしては三角四角五角八角等にして、石工の切立し如く、色は青黒し。是を掘出したるもありてのごとし。
孝陵の山川は、其のに因りて改むるれ、天下の臣民は、哭臨する三日にして、皆服をき、嫁娶を妨ぐるなかれ。諸王は国中にきて、京師に至るれ。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
その制作は木のにて穴に倚掛り、たなのに付てを以てこれをり、たなの横木にありての上に大石をならべ、横木よりを下し縄にびて
一小岡にして海に涼風がごとし。土人の説に聖武帝の貞観元年に宇佐より此地に移し祀といへり。是亦大内義隆の所造なり。舞台上より望ときは小倉内裏より長府の洋面に至まで一矚の中にあり。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)