“臨機応変”のいろいろな読み方と例文
旧字:臨機應變
読み方割合
りんきおうへん66.7%
リンキオウヘン33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「そりゃそうだ、ね」高見さんは両のを両手で抱いていながら、こちらの味方らしく言った。「この人の臨機応変の皮肉や冷かしと来たら、ずいぶん痛快ですよ」
猫八 (新字新仮名) / 岩野泡鳴(著)
臨機応変
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
水ノ流ルル如ク決シテ少シモツコトナシ、我等ガ及ビ難キ臨機応変ヲ得タルモノト云フベキカ。
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)