“随縁臨機”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ずいえんりんき100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“随縁臨機”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
その真理から出立して、都会的生活を送る凡ての男女は、両性間の引力アツトラクシヨンに於て、悉く随縁臨機ずいえんりんきに、測りがたき変化をけつゝあるとの結論に到着した。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
其住み方の色々を随縁臨機ずいえんりんきに楽しむのも余裕である。
高浜虚子著『鶏頭』序 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)