“きた”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:キタ
語句割合
51.7%
16.2%
9.4%
7.6%
6.0%
4.9%
喜多1.1%
0.4%
0.3%
0.3%
北番所0.2%
0.2%
北町奉行所0.2%
吉原0.2%
来度0.1%
來到0.1%
北地0.1%
北廓0.1%
北里0.1%
喜田0.1%
宗谷0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
追放の刑を受けて他国に赴いたものが、容易に安住の場所を得難かった事は、別項「の地位と職業」中にも述べた通りである。
エタ源流考 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)
さきには、めて、一柴田勝家領地攻略し、加賀へ進出しては尾山に、前田利家をむすんで味方につけた。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
フイリツプはプロレタリア的魂の外にもへこんだ手腕を具へてゐる。するとどう云ふ芸術家も完成を目ざして進まなければならぬ。
それはどうでも好いとして、古屋島氏の顔に、ないキシャゴの道十郎めっかちがついているのだった。おまけにそれがばかに大きい。
日木經濟界同樣であつて、世界戰爭輸出超過正貨流入通貨膨脹物價騰貴日本經濟界急激大膨脹したが
金解禁前後の経済事情 (旧字旧仮名) / 井上準之助(著)
すぐに抜け出た頸足が、燭台の燈火に照らされたが、脂肪気がなくてカサカサとしていて、折れそうに細っこくてならしかった。
娘煙術師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
七夕祭の夜、喜多茶荘に招かれた時、平山君や僕から言い出した催しとて、趣向の事や人の寄りなどに就いては、人知れず苦労していた。
友人一家の死 (新字新仮名) / 松崎天民(著)
先祖以来、田螺つくにへた口も、さて、がつくりと参つたわ。おの根がんだ。だがよ、振放して素飛ばいたまでの事だ。
紅玉 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
義は彼をこの大運命の囚獄に連れ行きたる囚吏なり、宿因は八房に代表せられて、彼を破滅に導きたるなり。破滅は又た幸福を里見の家にらせたるなり。
万十郎は剣舞でへあげた「満身の鉄骨と憂国の血涙」と自ら誇る五尺の体躯を(彼は丈が真実五尺であつたが、十七貫もあるといふ固太りの布袋であつた。)
サクラの花びら (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
象のそばに寄って、じぶんの身体を柵にして、油断なく立構えているところへ、ドヤドヤと北番所の出役。
「由っちゃん、親切ありがとう……だけど俺もう、俺はもう前よかもっともっとなくなっちまったんだよ……おまけに片足の跛足とくらア……ふっふっふ」
夢鬼 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
……万一北町奉行所に出しぬかれるようなことになったら、それこそ一代の不面目。月番奉行の役柄の手前、のめのめと職にとどまっているわけにはゆかぬ、お役御免をねがうつもり。
「若旦那、行きやしょう。——辰巳で。へへへへ。吉原で。それとも、或いは、お手近で照降町?」
雲霧閻魔帳 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
あれもお前が小さい時分からの馴染だから、うぞ一目逢って来度いと云って、與助此方へ這入りな
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
隅「私ゃアね富さんじゃないかと思って、内々見世でう/\いう人じゃアないかというとうだというから、早く来度いと思うけれども、長ッのお客でねえ、今やっとけて来たの、本当に能く来たね」
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
またその兄白日子の王に到りまして、を告げまをしたまひしに、前のごとに思ほししかば、黒日子の王のごと、すなはちその衣衿を取りて、引きて、小治田一五來到りて、穴を掘りて
「え、お葉だつて。あゝ、お葉ならよく知つてるよ。まあ北地では二流と迄も行かないところだらうね。」
大阪の宿 (旧字旧仮名) / 水上滝太郎(著)
そのころの金持番付では三井の一枚上にいて、西の鴻之池と張出横綱になっているほどな三谷総本家の一族で、斧四郎の通人ぶりは、辰巳北廓も、風靡していた。
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
看病人を頼むのも、医者を心付けるのも、北里と、小石川の及腰瘠細るばかり塩気をって、生命を縮めてもと念じした。
湯島詣 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
宗谷の岬に浪立てば
花守 (旧字旧仮名) / 横瀬夜雨(著)
ゴーゴリやツルゲーネフの洗礼を受けても魏叔子や陸宣公でえ上げた思想がイツマデも抜け切らないで、二葉亭の行くべき新らしい世界に眼を閉ざさした。
二葉亭追録 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
無上愉快だぞ、一層みには、へた速射砲で、彼奴等つくき海賊鏖殺にしてれんに。
彼が五尺の痩躯なき木桶の中にありら、も彼の心は飄悠として宇宙に高遊せり。貧困は彼に於て最良の、して又最愛の友なりき。
閑天地 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
長門は山陽の西陬僻在す、して萩城連山のい、渤海に当る。その地海にき山に面す、卑湿隠暗。城の東郊は則ち吾が松下村なり。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)