“ぎた”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
66.7%
33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
とめどのないおやじの話をうちきるように馬車屋が言って、立ちあがると、うすぎたないカーテンのすきまから、おかのほうをのぞいてみた。
まげ白髪しらがもおかまいなし、床屋とこや鴨居かもいは、もう二つきくぐったことがないほどの、あかにまみれたうすぎたなさ。
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
そういうとき、郷里で「あおぎた」と呼ぶ秋風がすぐそばの竹やぶをおののかせて棉畑に吹きおろしていたような気がする。
糸車 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
PR