文芸的な、余りに文芸的なぶんげいてきな、あまりにぶんげいてきな
一「話」らしい話のない小説 僕は「話」らしい話のない小説を最上のものとは思つてゐない。従つて「話」らしい話のない小説ばかり書けとも言はない。第一僕の小説も大抵は「話」を持つてゐる。デツサンのない画は成り立たない。それと丁度同じやうに小説は「 …
作品に特徴的な語句
かう いつは さまた さが 骨牌がるた かかは さい 和郎かずを ぢつ をは をし まへ 恍惚くわうこつ はふ 明日みやうにち いはん には みこと しふ ひそ かつて かへ 荘厳さうごん 悪戯いたづら 想念イデエ わづら 愛着あいぢやく いまだ 檜扇ひあふぎ 差支さしつかへ なげき 涙香るゐかう 渋滞じふたい わづら ゆだ つひ ただ 相剋さうこく 等閑とうかん 紹巴せうは 匹儔ひつちう 鶉衣うづらごろも あざやか あた 刺青しせい あらは さか あたひ 猶且なほかつ 一茶いつさ 麝香じやかう 所以ゆゑん 髣髴はうふつ 所謂いはゆる 驀地まつしぐら さしはさ びん 方丈はうぢやう 香炉かうろ しば 栗山りつざん 梗概かうがい 業火ごふくわ 樗牛ちよぎう 韻文ゐんぶん むちう 欝憤うつぷん たん 雑駁ざつぱく しきゐ 水墨すゐぼく 鋒芒ほうばう 遜色そんしよく 満腔まんかう 滅多めつた あと きう 無精ぶしやう 煥発くわんぱつ 踏襲たふしふ うらやま 衷情ちゆうじやう 糟粕さうはく 素性すじやう 行人かうじん 衆生しゆじやう 蝋燭らふそく 緑雨りよくう 羅馬ロオマ 虚子きよし かうむ 蘆花ろくわ 薄縁うすべ いやし