“ごろ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ゴロ
語句割合
55.0%
26.8%
呉絽5.5%
4.1%
語呂3.6%
破落戸1.4%
0.9%
五路0.5%
0.5%
呉羅0.5%
御覧0.5%
語路0.5%
0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
江戸川縁に住んでいる啓吉は、いつものように十時家を出て、東五軒町の停留場へ急いだ。は雨天の日が致命的であった。
死者を嗤う (新字新仮名) / 菊池寛(著)
先達而御寸札ならびに論語到来、其御返事先月廿日いたし、大坂便にさし出候。今度御書に而は、右本御恵賜被下候由扨々忝奉存候。いよいよ珍蔵可仕候。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
「それから、この赤い呉絽の紙入だ、滅多にある品ぢやない。この紙入が半三の死骸の懷中にあつたのだ。中には小判で五兩」
引き出して、天水桶の水をぶっかけて、しにも仕兼ねまじきところを、屋根の上にながめていた宇治山田の米友が
大菩薩峠:17 黒業白業の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
結局、これは「語呂の論理」とでもいうべきものであろうという結論に達して、さっさと次へ読み進むことにした。
語呂の論理 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
亂暴品川へもくれどぎは其座り、夜中ばして車町破落戸がもとをたゝきし、それかへと、紙入れのをはたきて無理すが道樂なりけり
大つごもり (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
に、輕氣球は、かのろしきと、き——れどなき鐵檻車とをにして、のまに/\空中飛行して、其日午後四十吾等
さはいえ五路の顔役、鄭の遺族や乾分には財力もある暴力もある。また旅籠の魯家からも、同時に大げさな訴えが州役署へ出されていた。当然、府尹もこれは捨ておけなかった。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
願ひ奉つる私しは是まで人のとてはにてもみしえ御座なく日正直に致せしゆゑ私しの事を皆々佛吉渾名を付るなれば少しも惡事は仕つらず何卒ばかりは御助け下されよと泣聲
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
また母の婚礼の時の重衣や、いたことか、黄八丈とか、呉羅とか、唐桟などという古い織物の着物や帯なども教えられて見ました。
虫干し (新字新仮名) / 鷹野つぎ(著)
「心配する事があるもんですか。細工はりゅうりゅう仕上御覧うじろって云うじゃありませんか」
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
花とか鳥とかを附けて呼ぶ物の名もこれと同様で、かねて法則を意識していたのではないまでも、いわゆる語路の悪い言葉は、忌んで採用しなかったらしいのである。
彼は手をいて、下女を呼んで今夜の急行列車の寝台を注文した。それから時計を出して、食事を済ました、時間にどのくらい余裕があるかを見た。窮屈にれない二人はやがてりと横になった。
行人 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)