“こら”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:コラ
語句割合
34.2%
26.7%
13.2%
13.1%
8.2%
子等1.2%
児等0.8%
兒等0.5%
0.3%
0.3%
0.3%
0.1%
0.1%
児輩0.1%
兒曹0.1%
0.1%
忍耐0.1%
0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大へん悔悟したような顔はしていましたが何だかどこかき出したいのをえていたようにも見えました。しょんぼりに登って来て
ビジテリアン大祭 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
刻一刻にへ性がなくなつて、なん度となく戸外へ出ては木立の影が少しでも長くならないかと、そればかり眺め眺めしたものぢや。
内儀さんは什麽にしてもつてりたいとしたら其處障害ればてそれをらうと種々工夫してるのであつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
微笑んだ法水の眼には、儀右衛門の意外な変り方が映った。それは、懸命に唇を噛んで、なにかの激奮をえているかに見えた。
人魚謎お岩殺し (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
「旦那の三郎兵衞が持つてゐた筈だが、それは表向きで、しめのための窮命だから、鍵はツイ廊下の柱にブラ下げてあるさうですよ」
子等けのよろしき朝妻片山ぎしにたなびく 〔巻十・一八一八〕 柿本人麿歌集
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
この日、避難民の田端飛鳥山ふもの、陸続として絶えず。田端も延焼せんことをれ、妻は児等をバスケツトに収め、僕は漱石先生の書一軸を風呂敷に包む。
兒等よ、今晝は眞盛、日こゝもとに照らしぬ。
海潮音 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
と息をして中へ這入る様子を見て居りますると、ガラ/″\と上総戸を開けると、土間口へお瀧が出迎い
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
博士は、野蛮人が腹にある毒を吐かねばならないので、を飲むときの心持はこんなであらうと思つたのである。博士は又声を出して「えゝ、を」と云ひたいやうであるのを、ぢつとへた。
魔睡 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
死の天使をの外に待たせて置いて、かに脂粉のすとでも云うような、美しさを性命にしているあの女が、どんなにか岡田の同情を動かしたであろう。
(新字新仮名) / 森鴎外(著)
一日中、みあっていた両軍が何のきっかけで、どっちからみかけて、接戦の口火が切られたか、分らなかった。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
加茂の水明りに吹かれると、すこし業腹められたここちである。吉次はの若草に坐りこんだ。膝を抱えて、三十六峰とめッこをするように黙然としていた。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
持て私が取にし事にれぬ時は御の内へ直樣取にから一寸請取をさいと云ふにぞ道具屋は書付判迄て出しければ直八手に取揚けるに
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
且つ労働多きにりて消化機能も盛なるを以て、かかる喰料にてもて都下の人より健康を増加するのみならず、生出する処の児輩は却て健康と怜悧たるが如し。
関牧塲創業記事 (新字新仮名) / 関寛(著)
その謙遜なりしこと、今の兒曹も及ばざるべし。考試畢りて後、彼は「カピトリウム」の壇に上りぬ。拿破里の王は手づから濃紫のを取りて、彼が背にせき。
踏掛け漸々としてに天井へ昇り其跡をにて元の如く差塞ぎ先是では氣遣ひ無しと大いに安堵なし息をして隱れ居たり斯る惡人なれども未だ命數ざる所にや僧のに依て危き命を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
もがいても駄目なら忍耐えても駄目だよ。どうせはそこへ落ち込むんだから。みんなの男がそうであったように。でも暁方の鐘が鳴ったら、あるいはそうでなくなるかもしれない。
娘煙術師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
頼むよ、沢ちやんとこへも暫くれねえ、頼むよ——。
疵だらけのお秋 (新字旧仮名) / 三好十郎(著)
フロラは、何故かあかい顔をして学生の顔を見返してゐたが、切なさをへるぎごちなさを振り切るやうにして
鸚鵡のゐる部屋 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)