魔睡ますい
法科大学教授大川渉君は居間の真中へ革包を出して、そこら中に書物やシヤツなどを取り散らして、何か考へては革包の中へしまひ込んでゐる。大川博士は気のゆつたりした人で、何事があつても驚くの慌てるのといふことはない。世間の人の周章狼狽するやうな事に …
作品に特徴的な語句
きはめ まざ おつし すひ ぢゆう 往々わうわう たたき しづか さが つかは がさね 着更きがへ かへ もらひ きり はづ ひるがへ かへつ ねむ もちゐ なめらか しづ 此方こつち いつ だけ あた あけ くは 躊躇ちうちよ ねら あたひ 蒼白あをじろ いやし 茶漬ちやづけ ひぢ こまか くは うづ 真白まつしろ 大嫌だいきらひ 大騒おほさわぎ ぬる わたる せは 此間こなひだ じよ 敏捷びんせふ 打遣うつちや 一寸ちよつと うづら 駝鳥だてう さは 閾際しきゐぎは ぼたん 褐色かちいろ 行李かうり たきぎ かうむ 草履ざうり ひぢ ふん やゝ かた 真際まぎは がゆ なほ みだり ひとり こら 為様しやう 為切しきり なめら 沢辺さはべ つか おほ 咄嗟とつさ さい 奈何いか まゝ 外姑しうとめ まし なん たち 其儘そのまゝ うつは めし 七月ななつき かつ 口吻こうふん 所謂いはゆる よんどころ