“駝鳥”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
だちょう76.9%
だてう23.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その中から黒い駝鳥の羽のボアを取り出して、西洋臭いそのにおいを快く鼻に感じながら、深々と首を巻いて、甲板に出て行って見た。
或る女:1(前編) (新字新仮名) / 有島武郎(著)
駝鳥の卵や羽毛、羽扇、藁細工のかご、貝や珊瑚の首飾り、かもしかの顎骨などで、いずれも相当に高い値段である。
旅日記から (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
なほ次手吹聴すれば、先生は時々夢の中にけものなどに追ひかけられても、逃げたことは一度もなきよし。先生の、恐らくは駝鳥の卵よりも大ならん
田端人 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
その當時の流行の駝鳥の羽毛を揷した鼠色の海狸の帽子を冠り、その優雅なかぶりものゝつばの下からは、念入りにカァルしたふさ/\とたつぷりある明色の捲毛がこぼれてゐた。