“珊瑚”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
さんご98.6%
たま0.7%
サンゴ0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ならではとゆるまでに結做したる圓髷きに、珊瑚六分玉後插じたれば、白襟冷豔ふべきく——
火の用心の事 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
牡丹形の蒔絵の櫛に金足の珊瑚、貞之進は我伏糸が見られるようで、羽織の襟をそっとひっぱって居たもおかしかった。
油地獄 (新字新仮名) / 斎藤緑雨(著)
水底水漬く白玉なる郎女の身は、やがて又、一幹の白い珊瑚である。脚を根、手を枝とした水底の木。頭に生ひ靡くのは、玉藻であつた。玉藻が、深海のうねりのまゝに、揺れて居る。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)