旅日記からたびにっきから
一シャンハイ 四月一日 朝のうちには緑色をしていた海がだんだんに黄みを帯びて来ておしまいにはまっ黄色くなってしまった。船の歩みはのろくなった。艫のほうでは引っ切りなしに測深機を投げて船あしをさぐってい …
作品に特徴的な語句
海月くらげ 石垣いしがき ふか 錦絵にしきえ しば 芝生しばふ 牢屋ろうや 八百屋やおや 素朴そぼく 喘息ぜんそく やなぎ ふるい 駝鳥だちょう 麦藁帽むぎわらぼう 碇泊ていはく 片田舎かたいなか 関羽かんう ささ 緋色ひいろ えび 紺青こんじょう 横浜よこはま 眺望ちょうぼう 白壁しらかべ 大伽藍だいがらん 懸崖けんがい 沈鬱ちんうつ 左舷さげん 田舎家いなかや 巻煙草まきたばこ 生粋きっすい 藤棚ふじだな なわ 棍棒こんぼう 神戸こうべ すもも 燕尾服えんびふく 竜巻たつまき 竪縞たてじま 平坦へいたん 昼寝シエスタ 茅屋ぼうおく 埠頭ふとう 泥水どろみず 舷側げんそく 花崗石みかげいし ごつ 帆桁ほげた 軽羅けいら 右舷うげん 増上寺ぞうじょうじ 土饅頭どまんじゅう 砂塵さじん 肱掛ひじか 菩提樹ぼだいじゅ せき 泥沼どろぬま 虞美人草ぐびじんそう 子守こも 蝋細工ろうざいく 大船おおふな 小祠しょうし 麻繩あさなわ 裂罅れっか 旗亭きてい 洗湯せんとう 熔岩ようがん 珊瑚礁さんごしょう かん 青島チンタオ 娼家しょうか 寝椅子ねいす 橙色だいだいいろ 尻上しりあ 紅殻色べんがらいろ 船室キャビン 袂別けつべつ 長椅子ながいす 伝法肌デスペラド 劇場テアトロ 参詣者さんけいしゃ 深碧しんぺき 独唱ソロ 闘鶏ハーネンカンプ 顎骨がくこつ 橄欖樹かんらんじゅ 白縞しろじま 葡萄畑ぶどうばたけ 四馬路スマロ 復活祭オステルン 北極星ポーラリス 鳥頭とりかぶと 円頂塔キューポラ 福州ふくしゅう 綴音シラブル 苦海ビッターシー 九竜くりゅう 双生ツウイン 徐家滙ジカウェイ