旅日記からたびにっきから
一シャンハイ 四月一日 朝のうちには緑色をしていた海がだんだんに黄みを帯びて来ておしまいにはまっ黄色くなってしまった。船の歩みはのろくなった。艫のほうでは引っ切りなしに測深機を投げて船あしをさぐっている。とうとう船が止まった。推進機でかきま …
作品に特徴的な語句
劇場テアトロ ごつ 闘鶏ハーネンカンプ ふなぐら かた かご 昼寝シエスタ つの 麻繩あさなわ 鳥頭とりかぶと うさぎ 双生ツウイン 顎骨がくこつ 嘲笑ちょうしょう はやし 紅鶴フラミンゴー 大船おおふな 子守こも 尻上しりあ ばり がま 肱掛ひじか 愚園ぐえん 船室キャビン みぞ 芸妓げいぎ 苦海ビッターシー 袂別けつべつ 福州ふくしゅう 眺望ちょうぼう 稽古けいこ 穹状きゅうじょう かまど 竜巻たつまき 竪縞たてじま 竿さお 笑顔えがお かさ ささ ふるい とう 紅海こうかい 素人しろうと 素朴そぼく 紺青こんじょう 綴音シラブル 緋色ひいろ しま なわ かん はだ ふと うす ふなばた 舷側げんそく そう とも しば 芝生しばふ 苦悶くもん 茅屋ぼうおく 菓汁かじゅう 葡萄ぶどう はす 藤棚ふじだな あし 錦絵にしきえ 鸚鵡おうむ かもめ からす ふか うなぎ 驢馬ろば 驟雨しゅうう 駱駝らくだ 駝鳥だちょう 風蝕ふうしょく 風呂ふろ 頭巾ずきん ほお むち くつ 青島チンタオ もや かすみ せき 関羽かんう くわ はかま 謙遜けんそん 西村にしむら えり すそ 裂罅れっか 蝋燭ろうそく にじ ろう 赤瓦あかがわら